• 資料請求
  • 体験入学

HOME > 学科・コース > 航空整備学科 > 航空整備士コース

航空整備士コース

航空整備士コース

「シャイアン」×「二等航空運航整備士」で
運航の最前線へ

運航整備に特化した二等航空運航整備士資格の取得を目指します。運航整備とは、目の前にある飛行機の安全性を法的に確認して出発させる運航の最前線に位置する仕事で、限られた時間の中で技術力と判断力が求められる整備の花形です。大型機に通じる装備を持つシャイアンでエアライン整備士への道を開きます。

航空整備士コースの特徴

POINT.1

航空整備士としての人間性を身に付ける

航空の安全は、「人」が作り出すものです。挨拶、コミュニケーション、身だしなみ、整備士としての心構えなど、信頼される整備士になるための人間性を日々の学校生活で磨いていきます。

POINT.2

基礎から徹底して学ぶ

整備士としての成長を支えるのは、「なぜ飛ぶのか」から学ぶ基礎知識です。座学と小型機の実習で基礎知識を確実に身に付けてからシャイアンへとステップアップしていきます。

POINT.3

在学中に二等航空運航整備士取得を目指す

「国土交通大臣指定 航空従事者養成施設テストコース」で在学中に二等航空運航整備士取得を目指します。大型機に通じる装備を持つシャイアンで取得することでその価値は高まります。

時間割SAMPLE(2年生)

取得可能資格

二等航空運航整備士 航空無線通信士
航空特殊無線技士 危険物乙種第4類 ガス溶接技能

卒業生の声

株式会社JALエンジニアリング喜屋武 大伍 さん

航空整備学科 平成28年3月卒業沖縄県 興南高等学校 出身

株式会社JALエンジニアリング喜屋武 大伍 さん

航空整備学科 平成28年3月卒業沖縄県 興南高等学校 出身

私は成田のドック(格納庫)で働いています。整備する機体はボーイング787が多く、作業の担当は主にフライトコントロール関係です。まだ1年目なので、とにかく日々勉強ですが、本当にやりたかった仕事なので苦にはなりません。実は、高校卒業後、一度就職したのですが、飛行機に携わる仕事に就きたいという気持ちが強く、N-TACでチャレンジすることにしました。N-TACでは、整備士に必要な知識・技術は当然として整備士としての心構えなど多くのことを先生方から教わりました。今の私があるのは、先生方との出会いがあったからです。

その他卒業生の声はこちら

トップへ戻る