• 資料請求
  • 体験入学

HOME > 学校案内 > キャンパスニュース > 毎年恒例1年生のセスナ体験飛行

学校案内

2017.11.09

N-TAC

毎年恒例1年生のセスナ体験飛行

11月6日(月)および7日(火)、新中央航空(株)竜ヶ崎飛行場において、毎年恒例行事である1年生のセスナ体験飛行が行われました。1フライト約15分の空の旅です♪

 

 

1日目は、エアラインサービス学科、航空工学科、グランドサポート学科の学生が搭乗!!皆セスナは初めてなので、飛行場に向かうバスの中は、緊張や不安が入り混じった様子でしたが、フライトが終わると「サイコー!!」「もう一回乗りたい!」など、空の旅を満喫してくれた様でした♪

 

 

2日目は、航空整備学科の学生が搭乗!!これから整備士を目指す学生にとっては大型機に限らず小型機に乗ることも貴重な体験です。学生からは、「航空力学、航空機構造等の授業で学んだ“飛ぶ事”についての知識が、今回の体験を通して、具体的な感覚として捉える事が出来た」等の感想も聞くことが出来ました。今後長きに渡って続く航空人としてのキャリアにとって、とても貴重な経験になったに違いありません!

 

 

またなんといっても今回は飛行経路がN-TAC上空という嬉しい特典付!!自分の学校を空から見られるなんて嬉しいですよね!!自分の家が見えた学生もいたのかな!?

折角N-TAC上空を飛ぶのであれば!と、1日目には航空整備学科1年生が、エプロンに人文字を作成してくれました!!これには大感動です!!

 

 

皆さんよく見てください!“N-TAC”の文字見えますか?今年の整備1年生のカバーオールはオレンジなのでとても色が映えていいですね♪みんなありがとう!!

 
 
まだまだ間に合う体験入学のお申し込みはこちらから▶▶▶▶▶

トップへ戻る