グランドサポート学科

Airport Ground handling Dept.
航空機地上取扱い
航空貨物
2年制
2年制
航空機地上取扱い航空貨物

目指す舞台はエアポート。
『グラハン』と『エアカーゴ』のプロへ

飛行機の到着から出発までの地上支援業務を一手に引き受けるグランドハンドリングと、空港に集約した貨物を安全・確実に飛行機に乗せるための準備を行うエアカーゴのプロを目指すのがグランドサポート学科です。

『グラハン』の
プロを目指す
(航空機地上取扱い)

駐機場(エプロン)を舞台に到着便誘導から始まり貨物等の取りおろし、機内清掃、燃料給油、機内食の搭載、貨物等の搭載など次のフライトに向けた準備を短時間で手際よく安全に行い、プッシュバックで駐機場から飛行機を出して見送るまでの一連の業務を総称してグランドハンドリングと呼びます。それぞれの業務に専門性があり、的確な作業とチームワークが求められます。まさに空港という舞台に欠かせないキャストがグランドハンドリングです。

Ground handling
駐機場(エプロン)を舞台に到着便誘導から始まり貨物等の取りおろし、機内清掃、燃料給油、機内食の搭載、貨物等の搭載など次のフライトに向けた準備を短時間で手際よく安全に行い、プッシュバックで駐機場から飛行機を出して見送るまでの一連の業務を総称してグランドハンドリングと呼びます。それぞれの業務に専門性があり、的確な作業とチームワークが求められます。まさに空港という舞台に欠かせないキャストがグランドハンドリングです。
『エアカーゴ』の
プロを目指す
(航空貨物)

今や世界の物流に欠かせない存在となった航空貨物。海外通販の品物や工業製品などは当然として、高級外車、美術品、医薬品、高価なもの、生鮮品、動物や水槽に入った魚、衣料品や危険物などなど……。取扱いがデリケートなものから超重量物まで様々なものを傷つけず、安全かつ素早く確実に運ぶためには、飛行機に搭載する前や取り降ろす前の様々な手続きや準備が重要なのです。世界中のモノを世界中に動かすのが航空貨物(エアカーゴ)のプロです。

Air Cargo
今や世界の物流に欠かせない存在となった航空貨物。海外通販の品物や工業製品などは当然として、高級外車、美術品、医薬品、高価なもの、生鮮品、動物や水槽に入った魚、衣料品や危険物などなど……。取扱いがデリケートなものから超重量物まで様々なものを傷つけず、安全かつ素早く確実に運ぶためには、飛行機に搭載する前や取り降ろす前の様々な手続きや準備が重要なのです。世界中のモノを世界中に動かすのが航空貨物(エアカーゴ)のプロです。
グランドサポート学科の強み
伝えるのは経験、得るのは実践力

離発着する飛行機の周辺や空港に運び込まれた膨大な貨物や手荷物に囲まれた現場は、様々な業務が同時に進行し、
刻刻と状況が変わっていきます。その流れにのって安全・確実に業務を遂行するための知識・技術は、その経験を持つ者にしか伝えることができません。膨大な現場経験を持つ教官が本物を用いた実習で学生に実践力を惜しみなく伝授していきます。

1.広大なエプロン(駐機場)と本物の特殊車両で行う実習

実習で使用する特殊車両やドーリー、コンテナは全て空港で使用されていたものです。そして、それぞれの車両を同時に動かし空港さながらの複合的な動きまで実施できる広いエプロン。本物を使って現場を常に見据えた実践的な実習を繰り返すことで、即戦力へと成長していきます。航空貨物の現場を見据えたフォークリフトの操作や積み付けの実習も基礎から応用まで本格的におこないます。

特殊車両実習を詳しく見る
2.危険予知とコミュニケーションを重視

空港では、飛行機の出発に備えて大勢の人がそれぞれの業務を遂行します。なので、危険が潜む場所を予測・特定し、危険回避する手順を常に考えます。そして、合図、声出し、意思表示や周りの動きの予測などのチームワークも重要になります。実習や座学を通じて、グラハン歴数十年もの経験を持つ教官達が実伝授する危険予知とコミュニケーション力は、現場に出て気づく大きな武器になるはずです。

プロの証、国際航空貨物取扱士資格”IATAディプロマ”

まずは「航空貨物」という分野があるということから始まります。最終的には、世界中に貨物を発送する手続きを行う資格の取得を目指すこの授業では、貨物を航空機に乗せるための決まりごとなどを世界標準で学んでいきます。だから授業では少し英語も出てきますが頑張りましょう。アルファベット3つで世界中の空港を表す3レターを覚えると、輸送状を見て貨物運賃や行き先が解るようになり、ちょっと「業界の人」になった気分になります。

離陸する瞬間に味わう
最高の達成感

どこまでも澄んだ青空に一筋のコントレイル。あの飛行機はどこへ飛んで行くのだろう?しかし優雅に飛行するその姿の裏で、安全に・定時に・快適にを合言葉に、雨の日も風の日も飛行機を陰で支えるグランドハンドリングスタッフがいることを忘れてはいけない。気持ちの良い日ばかりではない。むしろ厳しい条件下での作業が多いかもしれない。けれど担当した飛行機が無事空港を飛び立つ瞬間、それまでの苦労が一瞬にして達成感へと変わる。さあ、キミもこの最高の達成感を味わってみないか?

グランドサポート学科 佐藤 宣知 教官
グランドサポート学科1年生 時間割例

取得可能資格

  • 危険物取扱者乙種第4類

    消防法に基づき引火性液体全般(ガソリン、灯油等)を取り扱うことができる資格で、燃料給油会社では必須の資格となります。

  • 航空特殊無線技士

    航空機と地上を結ぶ低出力の無線設備(航空交通管制の用に供するものを除く)の操作や簡単な技術操作等を行うことができます。

  • フォークリフト運転技能

    フォークリフトの操作に必要な資格です。特に貨物上屋での積み込みを行うエアカーゴの仕事では必須の資格です。

  • 国際航空貨物取扱士 (IATAディプロマ)

    世界80カ国以上で通用する国際資格です。安全・確実に航空機で貨物を輸送するための手続を国際標準で行います。

在校生のVoice

丁寧な指導で実力がついたと実感多くを学び空港で活躍したい
グランドサポート学科
2年在学中 入野 瑞菜さん
千葉県:中央学院高等学校 出身

N-TACでは実際に空港内で使用していた器材で実習が行われています。操作してみると最初は当然難しいですが、経験が豊富な教官方が解り易く教えて下さり、確実に実力が付いてきていると感じています。周りに同じ夢を持っているクラスメイトがいるので、共通の悩みを相談したり、楽しい会話をしたりして充実しています。これからも教官や仲間から色々なことを学び、吸収して空港で活躍できるようになりたいです。

夢は羽田空港で働くこと実習には集中して臨んでいます
グランドサポート学科
2年在学中 齋藤 裕貴さん
東京都:足立工業高等学校 出身

幼い頃からグランドハンドリング業務に興味があり、インターネットなどで調べた結果、N-TACの体験入学があることを知りました。体験入学に参加し、とても良い教官ばかりで感動しました。器材も揃っており、すぐに入学を決意しました。将来は羽田空港でグランドハンドリングの仕事をしたいと思っています。広大なエプロンでのグランドハンドリング実習で実力をつけ夢を実現したいです。

航空業界で活躍するN-TAC卒業生たち

機材・設備の充実はもちろん
少人数だけに授業内容が濃い
空港の仕事に就きたいと考えていたものの、大学か専門学校かで進路に迷っていました。N-TACをはじめ他校の見学にも行きましたが、機材・設備が充実していることに加え、教官方が気さくで話しやすいN-TACに決めました。少人数制だったのでクラスみんなが仲良く、授業も内容が濃くなり、しっかり教えてもらえました。
企業見学では実際の現場を見ることができ、授業で行っていることを確認できたので、非常に印象に残っています。また、プライベートでもクラスメイトとの交流があり、テスト前などは一人暮らしの友人宅に泊まり込み、一緒に勉強することもありました。
幅広い業務に携わりながら
責任とやりがいを感じる日々
当社は、グランドハンドリングだけでなく、旅客ハンドリング業務や、航空機周辺の特殊車両の整備業務、オペレーション業務も行っているので、自分にとって理想的でした。今は、受託している外資系の貨物専用航空会社のハンドリングに携わっています。一人に割り当てられる業務範囲が広く、到着便から貨物を降ろし、一つひとつの貨物をコンピュータで読み取り、データ登録を行います。出発便は逆の手順で搭載するところまで担当します。また、貨物専用機はターミナル駐機場には到着しないため、マーシャリングも行います。大変なこともありますが、どの作業にも責任とやりがいを感じています。体を動かす仕事、チームワークを活かす仕事がしたかった自分にぴったりだと思います。
その他の卒業生はこちら

充実の施設と設備で、
航空業界へはばたくプロフェッショナルを育成